最近のトラックバック

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

日立サウンド・ブレイク

1970年代後半から1980年代前半にかけて東京12チャンネル(現 テレビ東京)で不思議な番組をやっていた。平日夜23:00から10分間ぐらい、音楽に合わせて風景や映像効果もののような映像を流すだけの。「日立サウンド・ブレイク」という番組である。
当時、高校生で文化祭向け映画撮影スタッフなどもやっていた私はスタッフ内のものすごく音楽に詳しい男子に触発されていた。また映像に音楽重ねた時の新たな別の感触にも心動かされていた。その男子がいい番組だから見ろ、というので見ていたのだが、今でも忘れられない。

1週間に1曲5日間、さらに以前放送した曲が何回もかかったりしていたのだが、風景ものはあまり記憶になく、鏡などを用いた(今ならCGなのだろうけど)映像効果ものが記憶に残っている。結局やっていることは今のiTunesやWindows Media Playerの視覚エフェクトみたいなものだったりするのだが、当時はあまりプロモーションビデオの放映もなかったし、何より映像の質がよかったし、選曲もよかったし記憶に残る番組だったのであろう。

インターネットで検索してみてもなつかしがっている人や経歴にその番組を書き入れている映像作家さんなどが見つかり、やっぱりいい番組だったんだなって。その当時のフュージョン系の音楽はほとんどそれで聴いてたんじゃないかな。10ccの"I'm NotIn Love"やPhil Collinsの"In The Air Tonight"もこの番組で初めて聞いたんだったな。

あんな番組、もうできないとは思うけどねー。
たった10分のためにチャンネル変えさせる番組なんてそうないよ。

いよいよ発表会!

この場でもいろいろぐだぐだ書いてきたがいよいよこの土曜日に発表会ー!
でもさー、なんか緊迫感なくてー。今もライブ聴きに来てるしさー。あさってだぜー。
ていうか、ちょっとぐれてるんだ、ほんとは。シンコペーションのノリが悪いんだー。けっこう根本的なことが問題なのでね。ま、着るものはもう決めたし明日カラオケでリズム特訓だ!今日はいい音で刺激もらってまた明日!

やさしさのもと

先日ある女性の話を聞いて不愉快になりました。やんわりと他の人に指摘されていたのですが、自分のことだと思わないのか、自分のことだと思っていてもいうこと聞かないのか、皮肉の通じない人で疲れてしまっていました。

当初、ここの場所に名を伏せてぶちまけて鬱憤を晴らすつもりでいました。
ばーっと勢いに任せて書いて、投稿ボタンを押すまでにしました。でも、一応言葉には慎重になろうと推敲しているうちに投稿する気が失せて結局その原稿は捨てました。

やんわりと彼女に指摘したその人のことを思い出したからです。なんか義憤にかられて怒りをぶちまけても仕方がないような気がしました。本人「だけ」がわかっていないのだけで周りの人がただ我慢しているわけじゃなくてちゃんと怒っていることはやんわりとした皮肉でわかっているのだから。

その人はとても信頼に足る人です。その人のおかげでずいぶん穏やかになれるような気がします。
普段はとても粗野な感じがして一見細かい気配りなんかできないのではないか、という印象を持たれがちなのですが・・・いつも助けてもらっている感じがします。

人間は一人ではやはり生きられません。それにこういう人がひとりでも周りにいれば世の中捨てたものじゃないように思えてくるから不思議です。

やっぱ沈めない

発表会の練習、部屋の片づけで追われているうちにもう11月である。

と、書きたかったがほんとは体調壊していて全て進捗は滞っている。
体調だってすごく悪いわけではない。が、ものごとをやる気がそがれる。この状態でだらだらしていても他人にはただだらだらしているとしか思われないけど・・・
寝込むほどの病気じゃないんだからもう少し何かやったら、とかも思うのだが、10年ぶりくらいの状況悪化なので多少のショックも手伝ってどうにもやる気は出てこない。
理由もあるのだがそもそも外出が嫌になっている。会社もしょうがないから行ってる感じ。だって休んだからって良くなる病気じゃなし。

ま、ショックに浸っていても仕方ないから少しずつでもやれることから頑張るよ。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ