最近のトラックバック

« 2005年12月 | トップページ | 2006年4月 »

最近凝ってる食べ物

その1
スイス・エミー 焼きりんご味のヨーグルト

会社でパン食べるときの友。
グリコの「朝食りんごヨーグルト」も好きなのだが、こちらはりんごに一工夫加えてシナモンの香りがする。それだけでちょっとデザートっぽさが増す。グリコはサラダっぽいね。食べてみる前はちょっと勇気が必要だったが今はやみつき。なかなか売ってるの見つけられないのだが、しばらくは見つけたらヨーグルトはこれにするつもり。

http://www.morinagamilk.co.jp/product/products/product/c/c034b.html

その2 西友ファインセレクト シードミックス
さらにやみつきなのがこれ。かぼちゃの種、ひまわりの種、松の実、クコの実、ドライブルーベリーのミックス。名前のとおりスーパーの西友の自社ブランド品。かぼちゃ・ひまわり・松は軽く塩味付、他の2つは自身の甘味がありその混ざり具合がなんとも言えない。小出しにしながら食べないとついついどんどん・・・
口寂しい時のつまみものをお菓子でなく、ドライフルーツやナッツに変えようといろいろな商品を物色している時に偶然出会った。かえって食べすぎてます・・・スーパーのブランドも侮れません。これだけ買いに西友に行く今日この頃。

ご参考↓これもおいしそっ
www.110831.com/vege_recipe/86pancake.htm

器楽演奏二人組

お気に入りのインストゥルメンタル・ユニットがとあるライブハウスに初出演するというので、ちょっと遠かったが出掛けて来た。このユニットはギターとキーボードの二人で"One Size"という。
ギタリストさんは左下Link欄の"House of Sugiyan"の主である。キーボードさんは最
近やっとblog開設したのでまだリンク張れていない。メアド知らないので許可得てないのだ、まだ。

楽器が上手いのはもちろんだがこの二人の何が気に入ってるってその「立ち位置」かな。
レパートリーがさまざま。ロック三大ギタリストからリー・リトナー、ラリー・カールトン、ジャンゴ・ラインハルトなどなど。ビートルズのインスト・カバーがいいね。ジャズの人が手がけるのとはやっぱちょっと違うの。子供のころビートルズ聴いてた人のアレンジって。もともとロックから音楽聴いている私のような人間にはとてもついて行きやすいのだ。
二人だからとーぜん足らない楽器は打ち込みだが、その場の二人はものすごくバワフルだし。打ち込みだからって言う理由で聴かないことはちょっと偏見と思う。

大船のお客さんはとてものりがよくて良かったな。普段の常連も見習わなくちゃ。

ものすごーくひいき目で書いてて恥ずかしいんだけどま、いいか。というか応援ものというのはすっごく難しくて書くのに時間かかってしまった。ごめんね、おふたりさん。

片付ける、ということ

どうもとっかかりが悪いので人の力を借りることにした。部屋の片付けである。
住宅リフォーム屋さんを呼んで、畳替え一部屋、畳からのフローリング化一部屋、本棚一つの処分を頼むことにした。とにかく日程を決めてがんがんやらないといつまでもすっきりした生活は始められないなー。

実は捨ててみると、後悔はそんなにしないものだとわかる。もともとそれにかまっている時間が最近少なくなっている物を捨てているんだし。それに以前の私だと「捨てる指南書」とかを片付ける前に買ってしまうところだが、今回はぐっと我慢してインターネットの情報などでなんとかしている。

捨てるものと残すものを分けていたときに気がついた。これは今後の暮らし方を考えることだ、と。
何に自分の部屋を占めさせたいのか。
何に時間を割きたいのか。
何にお金をかけたいのか。

今までは考えなさ過ぎ。と、いうかそれなりにすべてがケアできた。
でももう時間・体力的に無理。

・・・結構、哲学だよ、片付けは。(笑)

ちょっと反省

ここのところ、言いたいことが無くなってきたような気がしていた。
でもそんなはずはない。こんなにいつも思いはあるのに。
要するに言えないでいて、そうこうしているうちに言いたいこと忘れそうになってきているだけだ。

やっぱりちゃんと伝えたい。伝えよう。
当り障りのない話だけしているのはもう止めよう。
ホントの気持ちも忘れないうちに。

コミュニケーション雑感

1.
「いろいろしてくれた御礼」と言われてもらったものが、もらいものの横流し、とすぐにわかるようなものだった。趣味のいい彼女にしてはとんでもない趣味のものだった。まずそこでヘンだと思ったのだが、きちんと包んであったしあまり深く考えなかった。
翌日、昨日の包みを捨てよう、と思ったら、袋の折り返しの内側にたんすの虫の抜け殻になったさなぎが繭と一緒に付いていた・・・

自分の趣味でないものをもらうことはよくあるが、あんまりヘンなものだったら横流しすらできない、と思うのは私だけだろうか。自分の趣味が疑われちゃうし。それに横流しは飽くまでももらって1ヶ月以内が限度だと思う。何年しまってあったか知らないが・・・(透けるもので包んであったのでダサいのが包みの上からわかり、開けもせずにしまってあったと思われる)

今、貧乏なら出世払いで構わないよ。それにお礼を期待して何かをしているわけじゃない。気持ちが無いのが解ってしまうのが嫌なだけ。人づきあいをなめるなよ。なんかがっかりだなー。

2.
いくら友達でも話の途中で相手との精神的立場が上下になっちゃうときってある。相手が欲しいけど持ってないもの私が持っているのがわかったときとか、相手がその話聞いてないよ、と言ったときとか。
自分が図らずも上になってしまった時、相手との関係をよく保とうとする行動って取るものではない?ひがむのもよくないけど、ひがませるような言動はなるべくしないようにするよ、大切な関係なら。

私は相手がそういう言動してくれなかったとき、ついひがんでしまった。そしてひがむのはよくないって言われてしまった。でも相手にそういうことって期待してもいけないほど今の世の中すさんでいるのかな。わたしは甘えているのかな。それともその人が卑屈になったこともない「度量のある」人なのでわからないのかな。
その上さらに「私はあなたのこと心配してるのに」と言われ、私はわからなくなってしまった。

3.
そんな年末だったのだが年始早々よい言葉を聞いた。完全に営業トークだが言われた方は悪い気はしない。近所の神社に初詣に行き、達磨を買った。一番小さい500円のものを買ったのだが、願掛け文句はどれにしますか、シールを差し上げます、さらにご縁があるように五円玉をおまけに付けますね〜、という一連の文句がとてもあったかいのだ、達磨屋さんのおにいさん。私も思わず微笑んでしまったが、一緒にいた母も「こんなこと言ってくれるなら嬉しいよね」と言っていた。きっと初詣で達磨を買う人の心持がわかった上での言葉なのだろう。「開運招福」のシール、手帳に貼った。叶うような気がしちゃうのは単純だろうか。

新年だわ

新年となりました。
やっぱり気持ち改まるのはいいですね。何か節目がないと人間、だらけてしまうものなのですよね。

昨年末はライブ三昧ですっかりこの日記ともご無沙汰だった。と、いうより相変わらず人間関係へたくそで自分の性格とか考え直しちゃっていたんだ。なあなあで済ませれば喧嘩にならないこと多いのに済ませられないんだな、って。
少しは簡単に考えられるような人間になりたいものであります。

来年度からお給料減るのを言い渡されているのもつらいものがある。
昨年の家計簿、入力していない領収書が4ヶ月分もたまっており、昨日と今日とで入力した。(苦笑)
これから何の支出を節約すべきか検討に入ろうと思うが気が滅入ってきた。やっぱり、昼食代と遅刻しそうになって乗る地下鉄代だわ。あと、携帯のパケット料金。それとケーブルテレビ代・・・。
・・・景気が悪い話ですみません。節約も楽しくやろうと思う。

でも、一応達磨は買ったよ!
願いごとはまだかなっていないから。片目の達磨ももう3つ目。(苦笑)がんばるよ!!!


« 2005年12月 | トップページ | 2006年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ